消費者金融ならお金が急に必要な場合にも対応可能

消費者金融ならお金が急に必要な場合にも対応可能

急にお金が必要になり、どうしてもその日中に用意しなければいけいという時、それに対応しているのは現在大手の消費者金融の会社のみです。
大手消費者金融の会社であれば、最短で申し込みから1時間で、融資を受ける事が可能です。
こちらでは、有人店舗や無人契約機(以下、店舗)に行かずに消費者金融から申し込みしたその日にお金を借りたいとお考えの方に、そのポイントについてお伝えいたします。

即日融資のためにクリアすべきポイント

いくら業者側が即日融資に対応していたとしても、申し込み者の方の条件が整っていなければ、お金を借りる事は出来ません。
即日融資を受けるためにクリアしておくべき基本的かつ重要なポイントを説明します。

ポイント1 本人確認書類の準備

どこの金融機関であっても、申し込みには必ず本人確認書類の提出を求められます。
店舗に行かずに契約するのであれば、本人確認書類を写真に撮って、データとしてアップロードする事により提出する事になります。
その時、本人確認書類に記載の住所が現住所と一致している必要があります。
もし異なっている場合には、他に住民票や公共料金の領収書などの書類も求められます。
用意する本人確認書類は、次のいずれかです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証(別途住民票などの提出を求められることがあります。)

ポイント2 銀行の営業時間に注意

一切店舗に出向かずに融資を受けたい場合、借り入れ方法は振り込みを選ぶ事になります。
その際、振り込みを実行できる時間帯は、銀行が営業をしている時間だけです。
土日祝日や平日でも15時を過ぎた時間に振り込みを依頼した場合には、実際口座にお金が振り込まれるのは翌営業日となってしまいます。
対策としては次の3つが考えられます。

  1. 平日の午前中に申し込みをする。
  2. 24時間365日振り込みが反映される銀行口座を利用。
  3. 無人契約機でカードを受け取って、ATMで借り入れる。

平日の午前中に申し込みをする

平日の15時までに振り込みが完了するように、平日の午前中に申し込みを済ませる方法です。

24時間365日振り込みが反映される銀行口座を利用

この方法は、既に24時間振り込みが反映される銀行口座を現在持っている人に向いています。
業者名と24時間振り込みに対応している銀行は次の通りですので参考になさって下さい。

  • プロミス  … ジャパンネット銀行・三井住友銀行
  • アコム   … 楽天銀行
  • SMBCモビット  … 対応銀行なし
  • アイフル     … 対応銀行なし

このようにプロミスとアコムであれば、該当銀行の口座を持っている方は通常の銀行の営業時間以外にも、振り込みによる融資が可能となります。

ポイント3 在籍確認を後日対応してくれる業者を選ぶ

融資の申し込みをした際には、審査の段階で必ず勤務先への在籍確認が行われる事になります。
基本的には金融機関の担当者が、本人が書いた勤務先に電話で在籍を確認するものですが、本人以外の人が応答しても問題ありません。
即日融資を希望する方は、申し込み当日に勤務先に在籍確認が取れるかどうかが、大きな問題となって来ます。
その日に必ず在籍確認が取れるのであればよいですが、もしどうしても無理な場合には書類の提出で在籍確認を許可してもらうか、もしくは在籍確認を後日対応にしてもらうかという交渉をする必要があります。
以下は、書類の提出や後日対応について各業者に問い合わせた結果ですので参考にして下さい。

書類での在籍確認

  • アコム    … 可
  • アイフル   … 可
  • 三井住友銀行 … 審査次第で書類でも可

在籍確認の後日対応

  • プロミス    … 審査次第で後日も可
  • アコム     … 審査次第で後日も可
  • SMBCモビット … 可
  • 三井住友銀行  … 審査次第で後日も可

ポイント4 借り入れ希望額を10~30万円にする

初めて利用する業者での借り入れ可能額は多くても50万円です。
また既に他の業者でも借り入れている方であれば30万円以下、できれば10万円程度が理想です。
なぜなら、消費者金融で50万円以上のお金を借りようとすると、審査時間が極端に長くなり、提出書類も増えるからです。
融資希望額が50万円以上か、他社での借入金を含めて100万円以上だと、次のような収入証明書の提出を求められます。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 納税通知書
  • 所得証明書
  • 給与明細書

急いでいる時にこれらの書類を準備するのは大変だと思います。
ですから借り入れ希望額は、できるだけ10~30万円程度に抑える方がよいでしょう。

ポイント5 優先的に審査をしてもらう

基本的に大手消費者金融の審査時間は早い方ですが、優先的に審査を進めてもらってさらに早める事が可能な場合もあります。
申し込みが完了すると、申し込みを受け付けた旨のメールが届きますので、そこに記載の番号に電話して審査を急いでくれるようにお願いしてみましょう。
アイフルでは専用のフリーダイヤルも用意されています。
状況によっては必ずしも早まらないケースもありますが、急いでいるという事を伝えれば、何らかの対策は取ってくれると思います。ぜひお試しください。