徹底検証!ダイソーオーガニック認証が怪しい!どこが認証したか不明!?

100均

毎日のお洗濯や台所の洗い物で、あなたの手、荒れていませんか?

私は肌が乾燥するタイプなので、いつも手はカサカサしています。

冬は特に手荒れが激しくなって、スマホの指紋認証が使えなくなってしまい、スマホが開かなくなるほど。

そんな私の手荒れの酷さを知っている友人がこの間、

100均ダイソーで200円商品だったけど、

オーガニック認証オイル配合のハンドクリームが販売されてたよ!

と、教えてくれました。

私は。化粧品検定1級を持っているので、え?オーガニック認証?っと、ちょっと疑問も持ちながら、でも手荒れがよくなるなら使ってみたい!とさっそく購入してきました。

今、ダイソーでものすごい売れ行きなんだそうです。が、ちょっと待って!この「オーガニック認証」ちょっと怪しいんです。そこのところを調べました。

 

 

ダイソーのオーガニック認証オイル配合のハンドクリーム

 

ダイソーに行ったところ、大々的に売り出し中のようで山ほど売ってました。このハンドクリームが「オーガニック認証オイル配合ハンドクリーム」です。

種類は、ミュゲ&アンバーの香り・シアー&ムスクの香り・ジャスミン&アップルの香りの3種類です。

お値段は友達の情報通り200円でしたが、ぱっと見た感じがロクシタンのハンドクリームにそっくりで、めちゃめちゃ高級感を醸し出しています。

さっそく使ってみましたが、とても柔らかくて伸びがよいテクスチャーで、塗った後もべたべたせず感触はとても良かったです。

ただ、塗った後の香りが少々きつめかなと感じました。香りが嫌がられる場所、たとえば電車の中や食べ物屋さん、自宅でも料理直前は避けたほうがよいかもしれません。

 

そもそもオーガニック認証とは?

「オーガニック認証」とは、そもそもなんだかご存じですか?

オーガニックとは直訳すると「有機の」というような意味合いです。

日本では有機栽培でできた植物をひとつでも使っていれば、その製品に「オーガニックなんとか」と名前をつけることができるんです。

有機栽培というのは、化学肥料なし、遺伝子操作なしで作る農法で、認定基準は世界各国さまざまです。要は現時点では世界で統一された基準はないんです。

日本での「有機野菜認定」の基準は

過去2年間、農薬も化学肥料も未使用の土壌で栽培した
科学合成農薬や化学肥料は使用していない
遺伝子組み換えの原料は使用していない

などが挙げられます。

日本のオーガニック認定機関に、農林水産省の「有機JAS認定」があるのですが、これは食品に対して認定する機関で、化粧品に対しての認定ではありません。

また、一般社団法人オーガニック認証センターという機関があり、こちらが独自でオーガニック認証を行っているようですがこれも食品に対してです。

化粧品に対しては、JOCA(日本オーガニックコスメ協会)というところが、独自の基準を作り、「JOCA推奨品マーク」を普及する活動をしているそうです。

また、JNOCA(一般社団法人日本ナチュラル・オーガニックコスメ協会 )も、成分に関する独自の基準をクリアした製品を認証し「JNOCA認証マーク」を付与しているようです。

しかし残念ながら、基準はどちらも独自のもので、食品のように国が関与している機関でもないんですね。

つまりは、日本製のオーガニック化粧品にはまだ統一の基準がなく、国が認めた認定機関もないのが現状、ということです。

自宅に「オーガニックなんとか」という化粧品があったら、どの植物が有機栽培されたものか、裏側を見てみるといいですよ。

 

 

ダイソーのオーガニック認証は、どこの機関が認証したの?

さっき、日本では有機栽培でできた植物をひとつでも使っていれば、その製品を「オーガニック」ということができると書きました。

なので、「オーガニック〇〇」と商品名をつけることは、有機栽培でできた植物をひとつでも使用していれば問題ありません。

実際、ダイソーでは「オーガニック」の化粧品を数種類販売しています。しかしそちらの化粧品には「オーガニック認証」という記載はしていないのです。

このハンドクリームだけが「オーガニック認証オイル配合」と謳っています。やっぱり使用しているオイルは認証されている!?どうもよくわかりません。

もしかして海外で認証されたオイルが配合されている?とも思い、そちらも調べました。

まず、ハンドクリーム自体は「日本製」「made in japan」と記載があるので、日本で作られたものです。

製品に貼ってあるシールには、「オーガニック認証オイル配合 シア脂・ホホバ油・オリーブ油(保湿成分)」と記載されていました。

ハンドクリームの裏側の成分表示には、

水、グリセリン、ジメチコン、プロバンジオール、(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、オリーブ果実油、シア脂、ホホバ種子油、カニナバラ果実エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、ラベンダー花エキス、イソヘキサデカン、シクロペンタシロキサン。酸化チタン、ポリソルベート80、マイカ、エチルヘキシルグリセリン、カブリリルグリコールジメチコノール、オレイン酸、ソルビタン、ペンテトさん5Na、香料、水酸化AI、トリエトキシカブリリルシラン、BG

と、記載がありました。

天然由来成分である「オリーブ果実油、シア脂、ホホバ種子油」は確かに含まれています。が、認証についてや油の産地についての記載は残念ながらありませんでした。

念のため、売り場で外箱の表示も見てきましたが、こちらもなにも書かれていませんでした。

「オリーブ果実油、シア脂、ホホバ種子油」は食用としてオーガニック認定を取ることが出来るかも?と思いそれも調べました。

でも、ホホバ種子油は食用はNGでした。食べられませんでした。

有機JAS制度は、輸入食品も対象
・輸入された有機農産物および有機加工食品を日本国内で「有機」として取り扱うには、
 有機JASマークが必要
 (他国の有機認証マークがあっても、有機JASマークは必要です)

引用 一般社団法人オーガニック認証センター

オリーブ果実油とシア脂は食用でも大丈夫そうでしたが、食用として認定されたのなら「有機JAS認定」のマークがあるはずですが、それもありませんでした。

化粧品の民間機関の認証である「JOCA推奨品マーク」や「JNOCA認証マーク」も品物にはついていません。認証されたことを証明するものがなにもついていないんです。

どこの機関に認証されたのか不明な状態なのに、「オーガニック認証オイル配合」と堂々と謳っています。これはかなり紛らわしい表示です。

 

ダイソーのオーガニック認証の表示は大丈夫なの?

化粧品は、広告を行う際に注意しなければならない法律が2つあります。「医療品医療機器等法」と「景品表示法」です。

消費者がよりよい商品やサービスを選ぶことができる環境を守るために、行き過ぎている表現をしないようにするための法律で、虚偽・誇大広告を禁止しています。

たとえば、美白化粧品の場合に「肌が白くなります」のような表現をすることはNGとされています。

このダイソーのハンドクリームにも、「ひと塗りで自然な白肌」とキャッチコピーがあり、その下に小文字で「メイクアップ効果による」と記載されています。

これは「メイクアップ効果により肌を白く見せる」旨の表現をするのはOKとされているので、そのために小さく記載しているんですね。

ハンドクリームなのになんでメイクアップ効果?と思った方もいらっしゃるかと思いますが、そういう抜け道のような表記なのです。

では、この「オーガニック認証」の表記はどうでしょうか?私は、ともするとこの法律に抵触するのではないかと思っています。

どこの機関に認証されたのかを正しく表示していないのに「認証」と謳っていることは、虚偽だと思うからです。

消費者が迷ったり思い込んだりする表記をすることは、行き過ぎている表現に該当するように思います。

もしかするとほかに抜け道があるのかもしれませんが、それにしてもうさん臭いです。

 

ダイソーの他のオーガニック製品

ダイソーにはほかにも「ORGSNIC」というスキンケア商品が販売されています。こちらはお顔用で、化粧水や乳液、保湿クリームなどがシリーズで出ていました。

こちらの商品の裏面には、「*オーガニック植物由来成分配合」という記載がありました。

アロエベラ液汁、カミツレ花エキス、セージ葉エキス、ラベンダー花エキス、ローズマリー葉エキスなどの記載もあったので、ハーブがオーガニック植物ということだと思います。

こっちの商品は問題ないように思いました。

 

 

ダイソーのオーガニック認証クリームの使用

ここまで、怪しいハンドクリームについて調べてきましたが、今後の使用はどうしたものかと考えました。

もしかして法律に抵触しているのでは?と思っている「オーガニック認証」に少々引っ掛かりを覚えるのは事実ですが

ハンドクリームなので手以外のところ(顔など)には使用しないもの
200円ととてもお安い
オリーブ果実油、シア脂、ホホバ種子油の天然由来成分は配合されている
使い心地は悪くない

上記のことから、当面はこのまま使い続けることにしました。ただ、本当にオーガニック製品にこだわりを持って使用されたい方には、残念ながらお勧めできません。

 

 

まとめ

  • ダイソーの「オーガニック認証オイル配合ハンドクリーム」は各200円で3種類ある
  • 天然由来成分の油脂が含まれている
  • 「オーガニック認証」は日本の化粧品には統一された基準がない
  • 「認証」と記載されているがどこで認証されたのか不明
  • 製品の使い心地は香りがちょっときついが使用感はよい
  • オーガニック製品にこだわって使用したい人にはお勧めできない

「オーガニック認証」にこだわらなければ、安くて十分良い製品だと思います。

そもそも日本に明確な基準もなく、認証する機関もないということが問題なのかもしれません。

手荒れが良くなれば、オーガニックでもオーガニックでなくても、私はあまりこだわりはありませんが、「認証」の件ではもやもやが残りました。

結局、ダイソーの「オーガニック認証」については、どこが認証したのか、そもそも認証自体がされているのかいないのか、本当のことがわからないままです。

いつかスッキリ解明できるように今後も調べていきたいです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました