こんな使い方ができるなんて知ってた!?保冷剤の再利用方法をご紹介!

未分類

ケーキを買った際などについてくる保冷剤。あなたはどのように再利用していますか?

我が家では、夏場のお弁当にはもちろん、熱くて寝苦しい夜は保冷剤をタオルでくるんで、首の下に入れて暑さをしのいでいます。

また、こどもの発熱時にも大活躍。わきの下に挟んだり、股関節にあてたりしても使えますね。

「何かに使うかも!」と、とっておくことも多く、何回も再利用できるので気づけば冷凍庫にたまっている保冷剤。その中身が商品によって違うってご存知ですか?

その中身を紹介するとともに、中身にあった再利用法をご紹介します。

 

 

やってみよう!保冷剤の再利用方法とは?

お友達から消臭剤にできるって聞いたわ!

実はこれ間違いなんです。高吸収ポリマーとは、おむつや生理用品に使われているもので、これに消臭効果はありません。

市販されている消臭ビーズなどには、この高吸収ポリマーに消臭成分が吸収されているので、消臭できるのです。

じゃあ、何に再利用できるの?

ということで、私のおすすめ再利用法はこちら。

  • 芳香剤
  • 虫よけアイテム
  • 植物の保水材
  • 除菌
  • 美容ケア
  • ホットアイマスク

これを見ただけでも幅広く活用できることがわかると思います!捨ててしまう前に、ぜひ試してみてください。

 

保冷剤を再利用する前に調べよう

保冷剤の内容物は、私が調べたところによると、2種類でした。

  • 水と高吸収ポリマー
  • 次亜塩素酸水

それぞれの内容物によって、再利用の方法は異なります。

再利用する前に、保冷剤の名前や会社名からHPを検索して、内容物を確かめてみてくださいね。

 

 

保冷剤を再利用して芳香剤や虫除けアイテムを作ろう

 

先ほど説明したように、保冷剤の中身を消臭剤として使うことはできませんが、アロマオイルをたらすことで芳香剤として使うことができます。

  • リラックス効果のあるアロマ

ラベンダー・ベルガモット・マンダリンなど

  • 虫除け効果のあるアロマ

ハッカ油・ゼラニウム、レモングラスなど

これらのエッセンシャルオイルがあれば、芳香剤の作り方はとても簡単です。

広めの器(大きな貝殻や空き瓶など)に、保冷剤の中身を入れて、そこへアロマオイルを自分の好みの香りになるように、数滴垂らしましょう。(4滴で約1時間ほどもつようです)

その中に、ビー玉やラメなどを入れるとより可愛くなりますね!

体に害のある成分は含まれていませんし、少量であれば問題ないとされていますが、健康に害を及ぼす可能性が0ではありません。

キラキラ可愛く見えるので、触りたくなってしまうこともあると思います。小さいお子さんがいらっしゃるご家庭では、子どもの手の届かないところで使用・保管してください。

 

 

保冷剤の中身は植物の水やりに使える!?

保冷剤の中身は高吸収ポリマーであることは前にもお話ししましたね。この高吸収ポリマーは、自重の100~1000倍の液体を吸い込むことができます。

この性質を利用して、園芸用の保水材としても使われていますが、これも保冷剤の中身で代用できるのです。

保冷剤の中身には防腐剤も含まれていますが、何度も利用するうちに吸収する水分量は少なくなってくるようなので、旅行の間だけなどの期間限定で使うのが望ましいと思います。

  1. 高吸収ポリマーが使われている保冷剤を常温に戻し、中身を出す。
  2. 中身を土の上に広げる。
  3. 通常通り水やりをする。
  4. 期間が過ぎたら回収する。

土に混ぜてしまう方法もあると思いますが、園芸用として作られているわけではないので、お勧めしません。

 

 

保冷剤を再利用して掃除ができるって本当!?

環境型保冷剤と書かれた保冷剤があります。この保冷剤の中身は、弱酸性の次亜塩素酸水。次亜塩素酸水は、よく消毒薬として使われている液体ですね。

次亜塩素酸水は、手指の消毒にはもちろん、まな板の消毒(漂白はしません)や三角コーナーの除菌にも使用できます。

また、高吸収ポリマーを少量つけてシンクをこするなどの方法を見かけましたが、誤ってシンクへ流すとつまりの原因になります。

リスクがある方法を試してまで保冷剤を消費するより、個人的には芳香剤にするほうが良いかなぁと思います。排水管のつまりを直すのに、結構お金かかりますからね(汗

保冷剤を再利用したものは掃除だけでなく、女性のアレにも使えるのです!

 

 

女性必見!保冷剤を再利用したの毛穴ケアの方法とは!

冷蔵庫で冷やした保冷剤は、洗顔後の美容ケアに保冷剤を使うことができますよ。使い方は簡単!

  1. たっぷり化粧水をつける
  2. ガーゼや薄手のタオルなどにくるんだ保冷剤を肌にあてる
  3. 乳液やクリームなどをつける

ここで注意したいことが2つ。使う保冷剤は冷蔵保存されたものであること。あてる時間は一回を3秒以内ということです。

冷凍庫で凍らせた保冷剤の温度はマイナスです。これを急に肌にあてると冷えすぎてしまい、毛細血管が激しく収縮するため、顔の赤みやかゆみの原因になってしまいます。

また、あてる時間が長すぎると凍傷になる恐れがあります。簡単お手軽なケア方法ですが、十分に注意して試してくださいね。

 

 

保冷剤をあっためて再利用するとアイマスクが作れる!

常温の保冷剤を使って、ホットアイマスクが簡単に作れます。朝冷凍庫から出しておけば、あとはお湯を用意すればOK!すぐ作れるホットアイマスクで目の疲れを癒しましょう。

作り方は、40℃くらい(お風呂のお湯程度)のお湯に2~3分湯煎するだけ!取り出して水気をふき取って優しく目にあてましょう。

保冷剤の角などでけがをする可能性もあるので、こちらも柔らかいガーゼなどでくるんであげると使いやすいですね。

ちなみに、電子レンジは爆発する恐れがあるので使わないでください。

肩こりなどで、少しあっためたいなと思うときにも使えますよ!

 

 

まとめ

  • 保冷剤は中身によって再利用の方法が異なる。
  • 高吸水ポリマーが使われているものは芳香剤が最適。植物の保水材しても使える。
  • 次亜塩素酸水が使われているものは、除菌に使える。
  • そのまま使うなら、冷蔵庫で冷やして毛穴ケア。湯煎してアイマスク。

保冷剤の再利用方法についてまとめましたが、いかがでしたか?

保冷剤を温めて使う方法は、こんな使い方もできるんだ!と驚きでした。保冷剤の主流は高吸収ポリマーなので、ぜひいろいろと試してみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました