ココアはお湯で飲むとまずい? おいしいココアの飲み方保存版!!

未分類

寒くなるとあったかい飲み物がほしくなりますよね?外から帰ってきたときや寝る前、ほっとするひとときはほんとに幸せです。

そんな寒い時に最高な飲み物といえば、なんといってもミルクココアです♪

このココアをお湯を入れて飲んだ時に、

あれ?薄いかなあ・・。


と感じたことはありませんか?または目分量で作って、ついケチッてココアパウダーを少なめにしたり…。

ココアをお湯で作ってもおいしく飲みたい!そしてどうせ飲むなら健康に気を付けた飲み方で飲みたい。

また、牛乳に飽きたときに、代わりなるココアに合うものは何かをご紹介します!!

 

 

ココアをお湯で作るとまずい!?まずくならない方法!

大雑把な私は、目分量で作ってついついココアパウダーをケチッて薄めにできあがることが時々あります。

ココアが薄いとやはり美味しくありません…。

普段は気にしないけれど、ココアの袋の裏側を見ると、お湯のみで作るときの分量が載っています。

お湯のみで作ってみた方の中には「美味しくない…」との残念な声が多く上がっているようです。

この「美味しくない」をひと工夫するだけで「美味しい」に変えて見せます!!(笑)

 

ココアを濃い目に作る

ココアパウダーの量をスプーンに、プラス一杯多く入れます。お好みの量に増やして甘さを楽しめます。

ココアの袋に書いてある分量通りだとなんだか薄いような気がします。

なので書いている分量よりスプーン一杯分くらい多めに入れて作っちゃいましょう♪

ちなみに私は甘く作りすぎた場合には、インスタントコーヒーを入れて苦みを加えるのが好みです(笑)

甘さと苦みが加わって、深い味わいになりますよ。

 

ココアにお湯を入れてよく混ぜる

最初に少しのお湯を入れてよく混ぜます。パウダーがよく溶けて、なめらかな口当たりになります。

ダマができたり、底に溶けずに残ったりすると、触感も味も落ちてしまいます。

これは、やってみるとかなり安定したおいしさになります。

調整ココアは、ある程度ダマになりにくいように作られていますが、
純ココアはダマになりやすいのです。純ココアを練るときは気を付けてみてください。

 

ココアの粉は純ココアがおすすめ!

余分な脂をカットしたピュアココアです。調整ココアとは違い、お湯で溶いて飲むとビターな味です。

ココアが甘すぎて苦手な方も、この純ココアなら美味しく飲めるかもしれません。

健康にはいいですが、苦くて飲みにくい方は甘さを加えるなど、ひと工夫されるとよいでしょう。

体に負担をかけない純ココアですから、入れる甘みもオリゴ糖など、体に優しいものにしてもいいですね。

体に優しく、ヘルシーなココアになるので、ココアを頻繁に飲まれる方におすすめです。牛乳以外の代用品は下に、まとめています。

 

 

ココアにお湯を半分入れて牛乳以外のアレを♪

薄いココアができてしまったときや、牛乳以外で楽しみたいときにはこれがおすすめです!

うっかり飲みすぎないように気をつけましょう!

  • 豆乳

    牛乳よりも低カロリーです。
    そのため夜にココアを飲みたくなった時におすすめです。
    牛乳よりもさっぱりした味わいになり、とても飲みやすいですよ♪

  • マシュマロ
    ココアに入れるとじゅわーと溶けて、ふわふわな見た目にも癒されます。ココアを飲むひとときが楽しくなりますよ。

  • チョコレート
    多めに入れて溶かすと、こっくりした甘さになります。私はチョコレートが大好きなので、ココアにも入れて味わいます。

    甘いものでなごみたいときにおすすめです。ただし、よく混ぜないと下にチョコレートがたまってしまいます。

  • ショウガ
    個人的におすすめなのは、ショウガです。「嘘でしょ!?」と思われるかもしれませんが、ショウガはココアに合います。

    簡単に言うとハーブのような役割ですね。ショウガのしぼり汁を加えると、体が温まります。

    アクセントにもなりますので、一度試してみてください。

 

 

ココアの種類には調整ココアと純ココアがある!

ココアはたくさん種類がありますが、大きく分けて調整ココアと純ココアの二つにわけられます。

調整ココアは、砂糖やミルクが入っていて溶けやすいように調整されたココアです。

甘みがあらかじめ調整されているので、お湯や牛乳にまぜて作り方も簡単でおいしく飲めます。

純ココアはこの調整のないココアで、甘みなどが入っていません。

余分なものがないので、苦みはありますが、簡単にポリフェノールが摂取できる健康的な飲み物です。夜に飲むときにはおすすめです。

私はココアを作るときに目分量で作っちゃうし、ケチッてパウダーを節約して薄くなりがちです。

悲しいけどよくやっちゃいます。そこで改めて、ココアのおいしい飲み方を意識してみましょう。

おいしいココアは、冬の季節に気分を上げてくれるアイテムになるでしょう。

 

 

まとめ

  • ココアは正しい分量で、少量のお湯でよく混ぜて飲む。
  • 濃い目に作る。
  • 豆乳、マシュマロ、チョコレートで代用するとおいしい。
  • ココアには、調整ココアと純ココアがある。

以上、ココアをおいしくするための工夫と代用品についてご紹介いたしました。

いろいろと試す中で、ここにのっていない意外な代用品が見つかるかもしれません。

ぜひあなただけの、オリジナルココアを見つけてみてください。

お湯を注いだココアが、なんかまずい、物足りない時に、ぜひ試してみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました