レジカゴバッグは迷惑?最新のレジカゴバッグの気持ちよい使い方

未分類

2020年7月から、レジ袋の有料化が始まりました。

以前は買い物をすると自動的に店員さんがつけてくれていたレジ袋ですが、レジ袋有料化が始まって、店員さんとのやりとりが増えましたよね。

お会計のときに前よりもやりにくくなったなあと感じる方も多いのではないでしょうか?

「レジ袋はいりますか?大きさはどうしますか?」といったやりとりが発生すると、正直めんどうです。

そんな時、うれしいアイテムがあります!それはレジカゴバッグ。

レジカゴバッグとは、スーパーのカゴにぴったりはまるエコバッグのことです。

お会計の時に、レジカゴバッグを店員さんに渡して、スーパーのカゴにセットしてもらい、その中に商品を入れてもらえます。

袋に詰める手間がなくなる。

・時短になる。

・保冷素材で食品の持ち運びにぴったり。

・たくさん入り、肩にかければ持ち運びが楽。

など、レジカゴバッグにはメリットがいっぱいです!

私たちお客さんのほうからしたら、レジカゴバッグを使えばいろんな手間がかからなくてうれしいアイテムです。

実際、レジカゴバッグは、大手ショッピングサイトのエコバッグ部門で1位になるほどの人気商品です。

しかし、店員さんにとってレジカゴバッグは迷惑に感じることがあるようです。

どんなことが迷惑なのか、そして気持ちよくレジカゴバッグを使うポイントは何なのかをお伝えします。

これで気持ちよくレジカゴバッグを使うことができますよ!

 

 

レジカゴバッグで感じる迷惑なこと

■スーパーのカゴに装着できないタイプのエコバッグを渡される

店員さんが、レジカゴバッグをいざカゴにつけようとしたときに、カゴとサイズがちがっていて装着できないと、困りますよね。

忙しい時には、何とかつけようとする時間ももったいないです。

初めから合わないサイズのものを渡すって、いやがらせみたいに思われても仕方ないかもしれませんね。

あと袋のタイプのエコバッグを渡すとか、混んでるときはとくに店員さんもいやだろうなって思います。

■会計の途中でエコバッグを渡す

レジカゴバッグを会計の途中で、店員さんに渡すのも商品を詰めなおさなくてはいけないので、かなり手間になります。

「あ、レジカゴバッグあるの忘れてた~。やっぱこれに入れなおしてください」と言われても、今までカゴに入れていた時間が無駄になって悲しいですからね。

それが忙しい時だと、店員さんもイライラきてしまって当然です。

■バッグが汚れている

レジカゴバッグはいつも使うものなので、汚れやすいです。

いつも使っていると、魚や肉のにおいやシミがついたりして、あっという間に汚れてしまいます。

汚れたままのバッグは、詰めてもらう時に店員さんに不快感を与えます。

さしだされたバッグが汚れていたら、いい気持ちはしません。

また、食品を清潔に保ったり、ウイルスやバイ菌の付着をを防ぐ意味でも、きれいにしておくことが大切です。

私はずぼらなので、毎日洗濯するのは負担なので、ウェットティッシュで時々拭くようにしています。このやり方は簡単でいいですよ!

汚れに気づいたときにさっと拭けますからね。

■やわらかいものをバックに入れるときに気をつかう

肉や魚、豆腐を入れるときにビニールに入れてからカゴバッグに入れないといけません。

これは手間になるし、つぶれやすいものをいれるとき店員さんは気を使います。

ビニールに入れないと、こぼれたりぬれたりするものもありますからね。

これって店員さんが全部しなくてもいいと思います。

店員さんの仕事はあくまでレジですもんね。

■商品に重いものと軽いものが混ざっている

レジを通した商品をレジカゴバッグに入れるとき、重いものを下に軽いものを上にするにはレジを打ちながら一度カゴから商品を出して入れなおすこともあり店員さんがたいへんです。

あらかじめ、重いものと軽いものをわけておくと店員さんがカゴに入れるときに、スムーズに入れやすいです。

■店員さんのつめかたが気にいらなくてクレームになる

一度詰めてもらった商品をもう一度詰めなおしてもらうのは、お互いにとって時間のロスになります。

入れ方が気になる時は、後で自分で詰めなおすなどして、レジでの時間を店員さんや他のお客さんにとらせないようにするのは大切かもしれません。

 

 

レジカゴバッグが迷惑にならない使い方

■スーパーのカゴにぴったりのものを使う

スーパーのカゴにぴったりのレジカゴバッグを使うことで、店員さんがセットしやすくなります。

■商品を重いものと軽いものに分けておく

商品をあらかじめ、重いものと軽いものに分けてだすことで、店員さんが重いものからバッグに入れやすくなります。

■バッグは時々お手入れをしてキレイを保つ

レジカゴバッグが汚れたら洗濯をしましょう。

ひどい汚れがついていると、詰める店員さんは不愉快ですからね。

毎日洗濯するのは大変なので、ウェットシートでふくと気軽にお掃除できます。

これは私もやってみて思いました。

ささっとふけてキレイを保てるのがうれしいです。

食品を入れるので、衛生面にも気を付けたいですよね。

■店員さんへのマナーと感謝をもつ

レジカゴバッグをセットしてもらう時は、一言声かけをしましょう。

「お願いします」の一声で、だいぶ印象が変わります。

何も言わずに、当然のように渡されたり、無言でポイッと投げて渡されるとやはりいい気はしませんよね。

店員さんは忙しく働いています。それを考えるとちょっとしたマナーで、お互いに気持ちよく使えることができるのではないでしょうか?

このように、レジカゴバッグを使う時は、店員さんの迷惑にならないように一工夫することが大切です。

どのポイントも、ちょっとした心遣いですよね。

店員さんにとって、レジカゴバッグは迷惑なのかと考えてしまう人は多いと思います。

しかし、小さなお子さんと一緒に買い物をする方や、高齢の方、身体が不自由な方にとっては袋に詰める作業が省略できて負担が減ります。

そういう意味でもレジカゴバッグをぜひつかってほしいと私は思います。

 

 

レジカゴバッグが迷惑にならないおすすめのカゴとは?

■よく行くスーパーで売られているものが一番

レジカゴバッグはいろんなサイズやデザインがあります。

買い物以外にもアウトドアでも使えるデザインとか、かなり気分が上がるものがあります。

しかし、いざ買ってみたらスーパーのカゴとサイズが合わなかった、ということになると悲しいですよね。

スーパーによってはカゴのサイズと違うものは装着してもらえないこともあります。

また、スーパーによってもカゴの大きさに違いがあることもあります。

いくら自分の好きなデザインのものを買っても、使えないと意味ないですよね。

このサイズ違いの問題をなくすためには、よく行くスーパーで購入するのが一番確実です。

そのスーパーのカゴに合うバッグを売っているはずなので、スーパーで買うのがよいでしょう。

 

 

まとめ

  • レジカゴバッグは店員さんにとっては迷惑になることがある。
  • 迷惑にならないように使うポイントは、店員さんへの心配りが大事。
  • スーパーで売られているレジカゴバッグを使う。

レジカゴバッグはとても便利で、手放せなくなる商品ですが、店員さんの迷惑にならないように使うことが大事です。

子連れの方や高齢者、身体に障害がある方にこそぜひ使っていただきたいと思います。

お互いに気持ちよくお会計ができるといいですね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました