食洗機はコンパクトサイズなら賃貸でも設置可能!!超優秀と話題に!?

未分類

ご飯を食べたあとの台所は、使用済みの食器の山になりますよね。

お腹いっぱいだしリビングで寛ぎたいけど、洗い物もしておかないと…でもちょっと疲れちゃってて面倒くさい…やりたくない…。

そう感じたことありませんか?

私はほぼ毎日感じています。世間一般でも洗い物はいつも嫌いな家事の上位にランキングされる家事のようです。

食洗機があったら楽なのかな?

でも、うちは賃貸マンションだから取付が難しそうだし、もしできたとしても、退出の時の原状回復に困るんじゃない?

そうね。やっぱり食洗機は賃貸には無理かしらね。

最近は工事不要で、狭い台所でも設置できるコンパクトな食洗機が販売されていますよ。

工事不要なら退去の時も問題ないわね!

工事不要の食洗機があると聞いて、さっそく調べてみましたので詳しく紹介しますね♪

 

 

食洗機でもコンパクトタイプなら賃貸でも設置できる!?

以前は食洗機といえば大型で、システムキッチンにビルトインタイプが主流でしたね。

当然、キッチンの工事が必要で、しかもファミリー向けの大容量なので分譲マンションや一戸建のような、工事が可能で広いキッチンがある住宅でのみ設置ができる。

そんなイメージではなかったでしょうか?

食洗機は食器を自動で洗ってくれる便利な家電ですが、賃貸住まいで工事ができない、キッチンが狭くて設置する場所もない、と、私のように設置をあきらめていた方も多いと思います。

ところが最近は、賃貸住まいでも食洗機を設置したいと思っている方が増えていて、卓上食洗機として工事不要の食洗機が人気を集めているようです。

電化製品の進化は素晴らしいですね!賃貸住まいでも設置可能で、少人数家族用のコンパクトなものも販売されていました。

例えばひとり暮らしで洗い物が少量でも、面倒なものは面倒。

洗い物をする時間をほかのことに使いたいと思うのは、家庭の主婦でもひとり暮らしの方でも同じなのでしょうね。

一日にするとたった数分のことでも、年間で考えるととても長い時間になり、ほかのことに使えるようになるのは嬉しいですね。

 

 

食洗機のコンパクトタイプを賃貸で使用するメリットは?

食洗機を使用するとたくさんメリットがあります。

洗い物に使う水が少なくて済むので節水ができて、水道代が減って経済的、そしてしっかり洗えて衛生的で洗いあがりがキレイです。

洗い物をする人は手荒れしたり、立ち仕事で足腰への負担がかかったり、水を使うので身体も冷えますが、そういったことからすべて解放されます。

夫婦共稼ぎの家庭だと、家事の分担でどちらが食器洗いをするかで揉めることもなくなります(笑)

これはとても大きなメリットだと思います。あったほうがいいですね、食洗機。憧れが再燃してしまいました。

 

 

食洗機のコンパクトタイプを賃貸で使用するデメリットは?

では逆にデメリットはあるでしょうか?食洗機では、どんな食器も洗えるというわけではなく、洗える食器・素材が限られています。

「食洗機対応」と記載がある食器でないと食洗機に入れることができません。

容量が決まっているため、その限界を超えて食器を入れることができません。

食洗機に入らなかった食器は手洗いするか、食洗機を2回動かすことになります。

食洗機に入れる前にはあらかじめ、お皿についた残りカスなどを取ってから入れる必要があるので、簡単な予洗いも必要です。

設置にも結構な場所を取ります。最近は水切りカゴと同じくらいのサイズの食洗機も出ていますが、ある程度のスペース確保は必要となります。

運転音が大きいものもあり、集合住宅では使用する時間帯が制限される可能性もあります。

運転時間も結構かかるようで、3時間くらいかかるものもあるそうです。

そして食洗機対応洗剤を用意しなければなりません。今まで使用していた洗剤はそのまま使用できませんので別途用意するコストがかかります。

ざっくりですが、デメリットとしてはこれらが挙げられるようでした。

実際に食洗機を購入したけれども、運転時間が長いことや予洗いが必要なことから、そのまま手で洗ってしまったほうが早い、という体験談もありました。

私の知人の家にもビルトインタイプ大容量の食洗機がついていましたが、使用したのは初めだけであとは食器棚代わりに食器を補完する場所になってしまったと聞きました。

食洗機を購入する前にデメリットもしっかり把握して、購入してから宝の持ち腐れにならないようにしていきたいですね。

 

 

食洗機のコンパクトで賃貸でも設置できるもののタイプは?

賃貸物件でも使用できる食洗機にはどんなものがあるのか、タイプ別にまとめてみました。

 

分岐分水タイプ

分岐分水タイプは工事が不要で、賃貸でも設置可能な食洗機です。

蛇口に分岐水栓を取り付けて給水ホースをつなぎ、排水ホースをシンクに固定するだけなので、業者に依頼する必要もなく自分で設置することが可能です。

分岐水栓の取り付けは少々難易度が高いと思われるので、メーカーのHPや説明書を確認しながら取り付けしたほうが良いでしょう。

家電量販店などで購入した場合には、設置工事をやってもらえることもあるようです。

蛇口の大きさやタイプにより取り付ける分岐水栓が違いますので、あらかじめ製品番号などから対応の分岐水栓を選んでおくことが重要です。

設置場所は給水と排水が必要なため、キッチンの調理スペースを使用することになることがほとんどです。

本体の購入の他に、分岐水栓・食洗器置台などの費用がかかる場合があります。

設置の際は、後々のトラブルを防ぐためにも必ず貸主や管理会社へ相談して許可を得たほうが良いです。

また、退去時は分岐水栓を元通りに原状回復する必要があります。

古い物件の場合は、まれに水栓が外れないなど予期せぬトラブルが起こることもあり、そのような場合は業者にお願いしなければならないこともあるようで、注意が必要です。

 

タンク式タイプ

本体にある給水タンクに水を入れ、その水で食器を洗うという構造の工事不要タンク式タイプもあります。

排水スペースと電源があれば設置できるので、設置スペースがあまりないというキッチンに適しています。

もちろんコンパクトなので、他に食洗機置台を購入しなくてもカウンターや作業スペースに置くことが可能です。

そして商品が届いたその日からすぐ使えるのでとても便利ですね。

賃貸物件の狭いキッチンや、水栓工事をしたくない場合におすすめです。こちらのほうが分岐水栓タイプよりもハードルが低そうです。

タンクに5~6Lの水を入れて食器を洗います。排水は必要ですがホースが延長できれば置く場所を選びません。これなら賃貸でも台所に置くだけで簡単です。

 

 

食洗機でコンパクトなものを賃貸設置する際に注意することは?

食洗機を設置するためには、事前に確認しておかなければならない事項がいくつかあります。

購入前にしっかり確認して失敗を防ぎましょう。

 

設置場所の確認

卓上食洗機は小型のものでもそれなりのスペースの確保が必要になります。事前に設置場所をしっかり確認しておきましょう。

設置場所を選ぶために、最初に食洗機のサイズと設置スペースを測っておきます。

コンセントと蛇口の位置もしっかり確認しましょう。コンセントが届かないと使用できませんし、食洗機の扉が蛇口に当たったりすると使い勝手が悪いです。

排水の必要があるので、シンクよりも高い位置に設置場所を確保することも重要です。

キッチンの作業スペースに設置することで排水の問題は解決しますが、その分調理のための空間が削られてしまうこともあります。

広さが十分に確保できないときは、ステンレスラックなどを使用し、食洗機置き場を新たに作るという方法もありますね。

設置場所がシンクから遠くなってしまい、排水ホースが届かないようなときは、別売りの延長ホースがあって、それを使用できる場合もあります。

 

扉の開き方の確認

扉が上下に大きく開き、大きな食器でも出し入れがしやすい「上下開き式」と、手前に引くようにして開く「前開き式」があります。

購入後、設置をしてみたら扉が開けられない!ということがないように、事前に設置場所でスムーズに扉が開くかの確認が必要です。

 

動作音の大きさの確認

食洗機の作動音や振動音の大きさも重要なチェックポイントです。

賃貸物件でアパートなど集合住宅の場合は、食洗機が出す音が騒音となりトラブルを起こす可能性があります。

食洗機は運転時間が長いものもあり、3時間も動いているそうなので、その間の動作音がご近所に響くかもしれません。

卓上型食洗機のなかには静音タイプのものもあるので、音が小さいものを選ぶとよいですね。

 

 

食洗機でもコンパクトタイプは安い?

コンパクトタイプだと、容量は1~3人分程度の食器洗いが可能で、金額もさほどお高くありませんでした。

3万円台からありましたので意外と安いと感じました。

引用 Panasonic HP

Panasonic食器洗い乾燥機 プチ食洗NP-TCM4
容量(食器点数):18点 庫内容積:約24L
価格:36,000円台から

「スピーディコース」を使用すると運転時間が約29分で済むそうです。早く終了するのは助かりますね!

 

引用 シロカ HP

siroca 食器洗い乾燥機 SS-M1511
容量(食器点数):16点
価格:48,000円台から

タンク式、分岐水栓、どちらでも使える2WAYタイプで、分岐水栓がすでにある台所や買い替えでも使用できます。

高温で洗浄するので除菌もできて衛生的で安心です。

引用 アイリスオーヤマ HP

食器洗い乾燥機 ISHT-5000-W
容量(食器点数):15点
価格:29,800円台から

見た感じも食洗機っぽくなくて、台所でもあまり存在感がなく使用できそうなコンパクトタイプです。上下から回転しながら水を出すためしっかり洗えるのが特徴です。

コンパクトになるほど容量が小さくなりますが、お値段も手ごろなので、日々使用する食器だけでも食洗機に任せて、清潔に使用することもできそうですね。

 

 

食洗機でコンパクトでも大容量なものもある?

工事不要の卓上食洗機でも、5人暮らしまで対応できる大型タイプのものもありました。

大きさにゆとりがあるほうが、たくさんの洗い物の時でも一度に洗えて便利のように思えます。

ですが必然的に価格は高くなりますし、大容量になれば大きさもコンパクトとは言えなくなってきます。設置場所の確保と、金額の部分でしっかり考えましょう。

大は小を兼ねるとは言いますが、食洗機に関しては容量が大きければ大きいほどよいというものではないようです。

 

引用:Panasonic HP

食器洗い乾燥機 NP-TZ300
容量(食器点数):約40点
価格:99,000台円から

大容量で大皿やフライパンも入る大きさが魅力です。これなら後片付けのことを気にせず料理ができます。「ストリーム除菌洗浄」で、洗いながら食器の除菌もできるそうです。

 

 

まとめ

  • 賃貸でも設置できる工事不要の食洗機が人気
  • 導入するメリットもデメリットもある
  • 工事不要の食洗機には分岐水栓タイプとタンク式タイプがある
  • 設置場所や排水・運転音・運転時間に注意して選ぶ
  • 価格が安いもの・大容量のものもある

今回調べてみて、3万円前後の食洗機があることにびっくり!!お試し感覚で購入して実際に使用してみてもいいかなと思いました。

時短家電を使用して、浮いた時間を自分のため使用して、毎日ゆったりと暮らせたらいいですね。

食洗機が働いてくれている時間に、ゆっくりお風呂に入ったり、ゆっくりお茶を飲んだり出来たら、それだけでもう幸せかもしれません。やっぱり買おう食洗機。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました